センサーライトの用法

<センサーライトとは>
人など体温のある動くものに反応して自動でライトを点灯し自動で消灯する便利で経済的なライトです。
<用 法>
人目につきにくい住宅の周囲などに侵入するとライトを照らし相手を威嚇するのに効果があります。
足元が暗い通路など、家族やお客様に自動で足元を照らし安全な通路を確保できます。
夜の車庫入れなど車を降りずに自動で点灯し、車庫入れをスムーズにしてくれます。
特に狭い車庫にバックで入れる場合は全体を照らすと便利です。
防犯カメラの照明として用いると暗い場所でのカメラ映像を鮮明に映し出す事ができます。
<特 徴>
センサーおよびライトの角度調節、ライトの点灯時間、明るさセンサー(明るいときは作動せず暗くなると作動/明るいときも暗いときも反応するボリューム調整)設定も可能です。
<種 類>
商品によって、明るさ(W)、感度調節、点灯時間調整、アラーム調節、ライトやセンサーの角度、明るさ調節が異なります。(詳細でご確認ください。)
<使用上の注意>
防犯に使用する際、コンセントを抜き取られないように注意して設置してください。
(屋外コンセントの場合、コンセント部が感知エリアに入るように設置、またはエアコンの室内機と室外機の連結部分を利用してコードを接続すると便利です。)
長時間点灯後のライト部は高温なりますのでご注意ください。
エントランスやガレージの照明に!
死角となる場所の防犯に!